ヘアメイクアーティストになるには 資格

ヘアメイクアーティストになるには|どこで勉強する?専門学校?資格は?

目次

ヘアメイクアーティストになるためのスクール|どこで勉強するのか
無料一括資料請求ならビューティー資格ナビ
ヘアメイクアーティストになるには

ヘアメイクアーティストになるためのスクール|どこで勉強するのか

ヘアメイクアーティストになるためにはやはりしっかりとスクールで勉強するのが良いのではないでしょうか。
費用はかかりますがしっかり学ぶことができるというのがあります。
就職サポートを行っているところもあり、技術を身に付けその先の働くというところまで考えると良いと思います。
ではどこで学ぶのかというところです。
調べるとスクールはいくつもあります。
どこでも良いのかというとそんなことはありません。
それぞれ料金も特徴も違います。
ですからそれぞれのスクールの特徴を掴んで自分に合っているところを見つけることが大事です。
当サイトでもいくつかのおすすめの有名なヘアメイクのスクールの特徴を紹介していますのでよかったら見てみてください。

このように料金や授業内容、サポート体制も違います。
特に料金が高いですからしっかり比較して選ぶことが大事です。

上で挙げたスクールを比較したいという方はこれらのスクールの資料をまとめて取り寄せることができるビューティー資格ナビ ヘアメイクが便利だと思うので利用してみても良いと思います。

無料一括資料請求ならビューティー資格ナビ

ちなみにビューティー資格ナビは美容・癒し系のスクール・資格情報サイトで様々な講座の資料を無料で請求できます。
大手スクールを厳選して掲載しており実績もあり、多くの方が利用しています。

 

無料で一括資料をお取り寄せ⇒ビューティー資格ナビ ヘアメイク

ヘアメイクアーティストになるには

ここ数年、高校生の「なりたい職業」10位にランクインするなど人気が高まっているヘアメイクアーティストという仕事ですが、プロになるには具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。

 

ヘアメイクアーティストという仕事自体に必要な資格は現在のところありません。
しかし専門的な知識や技術が必要なこと、また近年の美容業界の傾向として首から上の施術はすべて美容師免許が必要という流れがあり、メイクやエステなどを行う場合でも美容師免許は必須とされるようになっています。
そのため、まずは美容専門学校に通って知識と技術を身につけ、美容師免許を取ることが必要です。

 

卒業後は化粧品メーカーやサロン、あるいはブライダルサロンなどの美容業界の企業に就職したり、ヘアメイクを扱うプロダクションに所属して現場での経験を積みます。
中には有名なアーティストに弟子入りする人もいますが、学べることが多い一方、先生との相性やクセがうつってしまうなどの心配もあります。
美容業界に就職した人の中には、その後プロダクションに移る人もいます。プロダクションで経験を積み人脈を築いた後に、フリーランスとして独立するケースも多いです。
有名芸能人の指名を受けたりテレビ番組の専属ともなれば収入も増えますし、新たな仕事の可能性も広がります。

メイクアップアーティストについて

ヘアメイクアーティストになろうという方や働いている方などはメイクアップアーティストの資格を一緒に持っている方も多いのではないでしょうか。
メイクアップアーティストの技術もつけることでさらに幅が広がるのではないでしょうか。
そこでこちらのサイトでメイクアップアーティストについて紹介していますので興味のある方は参考にしてみてください。
メイクアップアーティスト資格